hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

日記

地元リア充イベント「成人式」に行かない人も大丈夫ですよ

2015/04/30

先日は成人式でしたね。この時期になると、「そういや成人式行ってないなぁ」と思います。メディアでは華やかな光景や、成人の乱が取り上げられているけど、参加していない人ってどれぐらいいるんでしょう。

いじめられたり、不登校だったり、嫌なやつがいて会いたくないとか、地元の繋がりが苦手で参加しない人も多いと思うけど、成人式に参加しなくても、ぜんぜん楽しくやれるし大丈夫。

もちろんぼくも参加していないし、地元の繋がりゼロだけど別にどうってことないです。

「地元リア充」のイベントだよ

成人式に参加できるのって、地元で難なくやってきた人じゃないでしょうか。言うならば地元リア充、というか。お前が非リア充だけだろうと、言われたらその通りなんですが……。

ぼくには地元の友達はいないし、たぶん誰かに会ってもぼくのことなんて記憶の片隅にも無いと思う。昔からのお友達で集まって、やっぱ地元最高だなー!ってなった、という話を聞くけど、ぼくにはその感覚がさっぱりわかりません。共有できないからっていうのもあるけど、地元だからなに、って感じ。

そこで共有できるのって、過去のお話じゃないですか。「中学時代おまえこうだったよなー」とか。そんな懐かしい話を、お酒を飲みながらできるのはほんのちょっとうらやましい(成長したなー俺ら感!)けど、それ以外無いよね。

グチャグチャになった地元レイヤーなんてどうでもいい

ちょっと周りの交流を考えてみたけど、結局のところ類は友を呼ぶ、で似たもの同士が集まっているように思う。でもあんまり「同じ地元」って重要なものじゃないと思うんだよなぁ。「地元の友達最高!」って聞くけど、「気の合う(地元の)友達最高!」なんじゃないの。

このご時世、気の合う人なんてネットで簡単に見つかるし、繋がれる。もちろん実際に会って話すことは重要だけど、「個人×自分の住んでいる場所」というより「個人×自分の趣味趣向」で全然やっていってますよ。

昔はそのレイヤーを変えられなかったから、地元リア充になれなかった人も多いと思うけど、もう簡単に別のレイヤーに移動できるから、見切っちゃえばいいですよ。困ったこと無いです。

 

と、成人おめでとうムードの中、モヤモヤしている新成人の方も居るだろうなぁと思い、まとめてみたのでした。

-日記