hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

日記

iPhoneに音楽をスマートに同期する方法を考える

2015/04/30

入りきらない

普段、音楽はiPhoneで聴いている。昔はiPodClassicも持ち歩いていたけど、持ち物は少ないほうが良いし、なによりBluetoothのヘッドセットが快適すぎて、もう戻れない。

ただ、容量面が問題。だって多くとも64GBだし、全て音楽入れられるわけでもないし、収録する楽曲を選ぶ必要があるけど、今さら手動で曲なんて選べない。

ぼくはiTunesに何万曲と楽曲が入ってるんだけど、プレイリストを駆使して取り入れている。ので紹介したい。

基本のプレイリストはこの3つ。iTunesのプレイリストは登録する上限を決めることができるので、全体のバランスをみつつ、設定している。

  • お気に入りの曲
  • 新しく追加した曲
  • 未再生の曲

お気に入りの楽曲

fav

レートが高い、もしくは再生回数の多いものを設定している。いずれかにしているのは、あまり聴いていないけど好きな曲(初めて聴いてヤバイ!って思った曲とか)、レートはつけていないけど、聴きまくっている曲(これが多い)を両方入れるため。

新しく追加した曲

new

単純に追加日順で入れている。iPhoneに入る楽曲の基本になるプレイリストなので、項目数は多めに設定している。楽曲を一気に取り込んだ場合、iPhoneの中身が一変している事も……。

未再生の曲

noplay

再生回数がゼロの曲を入れている。追加日順のプレイリストもだけど、他のプレイリストに重複しない楽曲を選ぶように指定してる。
この場合、上記2つのプレイリストに含まれていない、という条件を加えることで、ある程度古いけど、一度も聴いていない楽曲を入れることが出来る。

お気に入りのアーティスト

とにかくこのアーティストは全部入れておきたい!というのもプレイリストで管理している。プレイリストの中身はアーティスト名を選ぶだけ。iTunesの同期側で設定することもできるけど、管理がしにくいので、プレイリスト側で選んでいる。

容量調整

全体のバランスを見つつ、上限数を変更させて同期させている。上限は容量(200MBなど)でも選べるけど、容量は楽曲によって異なるので、曲ベースにしている。

この設定、新しい曲も自動で同期されるし、何回も聴いていると、自動的に「お気に入りの楽曲」として今後優先的に同期されるし、あまり困らないので、是非。

-日記