hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

日記

iTunes Matchが終わらない

2015/04/30

いつまでたってもiTunes Matchが終わらなくて格闘しています。もうどれだけMacつけっぱなしで、1度で済むはずの、どれだけ開始ボタンを押しただろう…。
事の顛末は後にし、まずは「効果的な対策」から紹介します。

対策例

「停止」と「開始」を繰り返す
「サインアウト」「サインイン」を繰り返す
「同期曲数を減らす」
時間を開けて挑戦する
帯域制限

対策にならなさそうなもの

解約(1年間再契約不可)
Optionキーを押しながらのサインアウト

対策なのかそれは。

何度も停止と再開をしろ、根本的に曲数を減らす、とか「それ対策じゃないのでは…」というものばっかりで。

まるで「パソコンのトラブルで困ってます><」って人に「原因わかんないから何回か再起動して無理だったらOS入れ直ししろ」って言い切るような大雑把差がすごいです。それもそのはず、原因不明なんだもの。

解約返金出来るけど、1年間再契約出来ない

もう解約しようかと思いましたが、調べてみると、アップル、事情を汲み取って返金してくれるものの、「1年間は再契約できないですよ」と言われるそうで。。年額4000円と、比較的高額なサービスで、その対応はどうなんだろうと思います。。。

原因はともかく、よくわからない仕様になっている。

一度中断してしまうと、全てやり直しになる。例えば全てのチェックが終わって、アップロードで失敗した場合、また最初から再度データの確認、iTunes Storeのラインナップと同じものがないかの確認が行われます。

普通に考えて、中断された、アップロードから再開してくれたら、それでいい話なんですが。。。

対策方法の中でも比較的効果があったのは帯域制限だった。ステップ1からステップ3まで、スムーズに進行しました。特にステップ2で躓いていたのが、スムーズにステップ3まで行ったのは驚いた。

対策について

 効果がなかったのは、「Optionキーを押しながらサインアウト。するとキャッシュがクリアされるので再度サインインする」とか、「このメニューからオンオフを切り替えると良い」、とかそう言うの。実際にそんな挙動の違いがあるのかどうかわからないけど、試してみてもあまり変わらなかったです。

「同期に問題がある楽曲を削除する」、という対策もあって、効果ありそうだけど、やってしまうと、ライブラリの追加日などの並び順がグチャグチャになってしまうから出来ないです。

ライブラリのクリーンさ

ネット上の上手く行く人、行かない人の書き込みを見ていると、iTunesの楽曲ファイルがアップル的に良いか悪いか、でかなり違ってくるのでは、と思う。例えばiTunesの標準設定(MP4,AAC)で取り込んだCDばっかりの人はスムーズそう。

逆に自作曲や、ネットで拾った音源、MP3でエンコードしていたファイルなどが入り交じっていると結構苦戦しそうな感じ。

25000曲から17000曲ほどに絞ったけど、いつになったらアップ完了するのかなぁ、と停止と再開ボタンを押しています。

-日記