hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

日記

ソーシャルな忘年会をした話。

IMG 4511

新年会シーズンですね。……いや、少し落ちついたところでしょうか。

大学時代諸々打ち上げ等々の幹事をやっていたせいか、どうもみんなで集まると「まかせた!」といった幹……感じになります。

全然苦じゃ無いんだけど、どうせならスマートに行ってほしい。
「この時間にここに集める」「どうせみんな遅れてくるから時間早める」「ってことはお店は何時に……」と考える。
そして、当日その通りに物事が進む時の爽快感たらないですね。

……昨年末忘年会をしました。
でも、諸々の手続きはやっぱり面倒くさい。
誰が、何が、どうなってんのか(参加するのしないの、今どこにいるの)なるべく可視化したくてソーシャルメディアに頼りました。

使ったもの

  • Twitter専用アカウント
  • スケジュール調整サービス「伝助」
  • Facebookの秘密グループ
  • iPhoneアプリ「友達を探す」 

という感じ。

まずはTwitterの専用アカウントを作成して告知、参加を考えてる人にフォローや告知ツイートのRTをしてもらいました。
 具体的な日程調整は「伝助」で。(いろいろ試したけどこれが一番入力しやすい)
開催日が決定したら、参加できない人をブロックしてフォロワー解除、参加者のみがフォローしている鍵つきアカウントに移行。
これで会場などプライベートな情報等々ツイートしても大丈夫っと。 

……アカウントは、中の人を数人体制に移行。
誰が何を担当するかはFacebookの秘密グループで話し合い。(既読が表示されるからいいですよね)
僕はひたすらiPhoneアプリの「友達を探す」を使うから入れて僕をフォローしてくれ、という係。
友人たちは当日何が食べたいかなどを聞く係。 

……そして迎えた当日はみんな(といってもiPhoneでiOS5~の人のみなんだけど)が僕をフォローしている環境が出来てました。
集合数時間前から集合イベントに招待。みんなにそのイベントに参加してもらい、GPSの位置を共有。
(期間限定参加する/しないを選べる承認制で出来るから、個人情報が安心なのがいいです) 

tomodachisagashi

……こんな環境が出来上がります。
集合場所は京都市内でしたが、一人滋賀にいたり、大阪にいたりするのがわかりますね。
先に集合場所についたんですが、みんなゾロゾロ移動してくるのがわかったし、今画面で大阪にいる彼は遅れてやって来たんだけど、当日は居酒屋から連絡することもなく、画面表示させて「あー向かってる向かってる」とか見てました。

 移動中の彼も画面を見て「あーみんな集まってるな」とわかったそうです。
あとGPSの若干の誤差で、誰かが川の中にいて「お前落ちてたよ」とか話題になったりも。 

tomodachisagashi.PNG

一度導入しちゃうと、「またちょっと集まろうか」という時簡単に現在位置を把握できて便利です。

1枚目の写真はそんなふうに集まったみんなでぞろぞろ会場に向かう光景。
みんな仲良しだ。 

-日記