hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

DJ関係

[2015年] 初心者に!DJ機材の選び方(CDJ,PCDJ,DJソフト)

2015/03/19

DJ DanStar
DJ DanStar Photo by Lyukokki

機材選びの前にちょっと確認してほしいこと」という記事を以前書きました。

今回はDJ歴12年、これまで様々な機材を見てきてぼくが、初心者にオススメの機材を紹介します。ここでは「今後クラブでプレイすること」を想定した上で選んでいきます。具体的には下記のような条件です。

  • 予算は5万以上
  • Pioneer,NativeInstruments以外はオススメしない
  • ターンテーブルでのプレイは省きます。

「5万円か…」と思われるかもですが、ここがおもちゃと機材の境目です。機能面やフィーリングの問題ですね。もちろんもっとお手軽な機材はあるけど、「これじゃ現場で使えない」とか、「もっと本格的なのが欲しい」となること間違いないです。そうなったら買い直すしかありません。

買い直すには手間もお金もかかりますし、その機材でなれちゃうと変な癖がついたりします。だったら最初からいいもの買っておきましょう。

そして、結論から言うととにかくPioneer買っとけです。というのも、全国・全世界のクラブのDJ機材はほぼPioneerです。「車はTOYOTA」どころじゃない当たり前の話で「ご飯といえば白い」みたいな話です。もちろん白くないご飯もあるけど(炊き込みご飯とか)、基本白いじゃないですか。そういう感じ。

将来的にDJデビューした時に、「備え付けのPioneerの機材でプレイできる」スキルは必須です。だからPioneerの機材で練習してほしい。もちろん自宅で使っている機材を持ち込む人もいますが、DJブースって狭いし、配線の都合もあるし、機材が置けないとか、そんな問題も出てくるんですよね。備え付けのDJ機材でプレイできることに越したことはないんです。だからPioneerにしましょう。

変に癖のある「炊き込みご飯」みたいな機材買って「え、これ白米じゃない!?」とか、安いけど「お米どころか『コメッコ』とか『おにぎりせんべい』」みたいな機材買って「やっぱりご飯じゃなかった…」みたいになるの、損でしょう。

なんか例えがわかりにくくなってきた。ごめんなさい。

最後に、この記事ではターンテーブルやレコードプレイヤーでのプレイは省きます。ぼくも昔はレコードでプレイしてましたが、今特にレコードでプレイすることに対して、嗜好性はあるけど、合理性は無いかなという考えです。

2015年、ホームDJの決定版が出ました。

Pioneer XDJ-RX

もうこれでいいんじゃないかなと思います。この機材はクラブやEDMフェスで使われているものを、機能ほぼそのまま小さくしたようなものです。

若干値段張るように見えますが、コスパ面ではぶっちぎりです。

この機材は非の打ち所が無い。

CDは再生出来ない機材ですが、DJのデフォルトは「PCに楽曲を取り込んでDJプレイ用に解析、USBメモリでプレイ」です。この機材はUSBメモリでプレイできるし、その解析結果も大型モニタでしっかり表示できるようになっています。

ターンテーブル・レコードプレイヤーを接続するのは、少し特殊な仕組みがいるので、繋げないものも多いのですが。これはバッチリ対応してます。

一つ言うと、ミキサーが2chしかないので、3ch以上のミックスが出来ないことかな。これはある種の特殊技能なので、いまいちピンとこない人はスルーして問題無いです。

もうこれさえ買えば今後現場で困ることないでしょう。これから書くのは、「これじゃ満足できない!」って人に向けてです。

お金も設置場所もある人は「クラブ仕様」でいきましょう。

前述したXDJ-RXですが、もちろんさらにお金を出せば良い機材が買えます。ここらへんの機材は、ありとあらゆるクラブに置いてあるものと同様のもの。つまり現場でプレイするのと全く同じフィーリングが得られるということです。

基本的に高ければ良いものですが、CDJ2台以上と、ミキサーを1台買う必要があります。40万円ぐらいかかってくるかと。

PioneerCDJから選ぶ。

CDJ-900nxs,CDJ-2000nxsか、XDJ-1000か。

900と2000という2種類のモデルが選択候補です。もちろん高いほうが良いのですが、基本的な機能は同じなので、お金に余裕があるなら2000、という感じでよいかと。

XDJ-1000も機能性抜群ですが、CDが再生できないので注意です。(自宅で一人でプレイするなら問題ないかと思いますが、ちょっと一癖ある機材です。)

その他のCDJはどうなのだ、という話。

他にもCDJ-850や、400などの下位モデルが有るのですが、液晶が白黒だったり、ネットワーク接続が出来なかったりします。「価格差考えても、それだったら900買ったほうが良い」と思います。

ミキサーもPioneerのDJMシリーズ。

ミキサーもいろいろあるけど、ここまで揃えるならPioneer製でいいと思います。ただ、どうしても高いなら他メーカーのものを選んでもまぁまぁ変えは効くかもという妥協ラインですね。

DJM-900、850。

このあたりがクラブ標準仕様。基本的に900が一番多いです。850でもまぁ問題なし。

それより高いミキサー、もう少し安いミキサーについて

Pioneerでは「DJM-2000」という最上級モデルが有りますが、これは多機能すぎてかなり癖があります。置いてるクラブも限られているので、避けたほうが無難です。

紹介した機材、ちょっと高いようなら、下位モデルのDJM-700や、中古でDJM-800あたりがオススメです。

ちょっと高いよ…って人は。

7万円でXDJ-AERO

一番最初にあげたXDJ-R1が高い人はこれがオススメです。まぁ似たような感じですが、相当簡素化されてます。基本的なことは抑えてますが。大型液晶もないし、拡張性も乏しいです。貯められるのなら、XDJ-R1買ったほうが良いかなと思う。

20万円でDDJ-SZ

クラブ仕様で本格的なプレイしたいけど、40万は…って人はこれ。サイズそのままどころか、ソフトウェアを使ってのプレイなので、もっと多機能なプレイできます。「力を込めて殴る」みたいな機材。

これまで紹介した機材は、どれもUSBメモリなんかでプレイできますが、これはSeratoというDJソフトのコントローラーなので、パソコンつけてないと動きません。そこだけご注意。

……ちなみに、意外と面倒です。DJしよーって思った時に、いちいちパソコン立ち上げて、ソフト起動するの。

ピンと来なかったらTRAKTORへ。

ここまでピンと来なかった人は「高い」とか「本格的すぎる」とかだと思うのですが、それならTRAKTORで。Pioneer製ではないけど、一式揃っているし、操作性も高い。2chのS2なら5万切ってますね。

TRAKTOR KONTROL S4,S2

DJソフトのTRAKTORのコントローラーです。ソフトのコントローラー、これが大事。良くも悪くもソフトへの依存度が高いのです。

いざ現場でCDJが用意されていても「え、ソフトならあの機能があるのに、どうしよう!出来ない!」ということになりがち。例えば、TRAKTORではボタン一発で曲のテンポがあっちゃいます。CDJには基本的にそんな機能ないです。

例えるなら「車についてる縦列駐車のモニタ」みたいなものかな。自分の機材では簡単にできるかもだけど、現場(レンタカー)だとそんな機能無いよ、という感じ。

カバーするために、なるべく手動で操作することや、定期的にPioneerの機材でDJ出来るか試してみることが大事でしょうか。といっても基本的な原理は同じなので、慣れることは出来ます。

ここで挙げなかった機材について

もっと価格帯の安いのもあるのですが。。。一気に「値段相応」感が出てきます。

例えば…コントロールの精度が低い・搭載しているサウンドカードが不安定で音飛びする・狭いレイアウトに機能詰め込みすぎて誤操作する、工作精度が低くて押したボタンが帰ってこない、ピッチコントロールの可変率が低い、ジョグダイヤルをグルグルしてもレコードみたいに早回し・はや戻しできない、など。

若干価格帯が高いセレクトになりましたが、ホント「買ってからわかった、この機材じゃダメだ」という話を聞くのが多いので。

-DJ関係