hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

DJ関係

ぼくの考えた最強のTRAKTOR DJの環境。(後編)

2015/04/26

前回の記事の続き。今回はTRAKTORの設定方法について書きますよ。

レイアウト画面を複数つくる

プレイスタイルに応じて、必要なレイアウト画面を用意しておきましょう。

Ss 2014 12 16 18 37 01

ぼくは2Deckなのでこんな感じ。

Ss 2014 12 16 18 49 28

それとプレイ中に何か違和感があった場合に備えて、全パーツを表示できるようにも設定している。

Ss 2014 12 16 18 49 55

後述のマッピングで簡単に切り替えられるように設定しております。

マッピングにこだわる

TRAKTORの使い勝手を決めるといっても過言ではない。コントローラーがあるからと設定していない人も多いけど、むしろほとんどコントローラーに割り当てられるからこそキーボードに設定するべき。

細かい設定は色々しているけど、ぼくはこんな感じ。

Ss 2014 12 16 18 39 22

  • Enter 楽曲のブラウザ画面に切り替え。
  • Shift/Ennter 設定したレイアウト画面のきりかえ。
  • 左右キー デックフォーカスの切り替え
  • 上下キー デックズームの拡大率変更

他、「マスターテンポの調整」や「DVSシステムに一発で切り替え」など細かくキーは設定しています。

トラック表示を見やすくする。

Ss 2014 12 16 18 36 08

デフォルトのままで使っている人も多いけど…

Ss 2014 12 16 18 38 09

色分けて表示をしてくれる、「Spectrum」表示が一番わかりやすく、曲の展開がよりつかみやすくなります。

Ss 2014 12 16 18 37 39

それとデックに表示する楽曲の情報も編集。特に、拍をカウントしてくれる表示は、グリッドと楽曲のズレ具合がわかりやすいので、設定しておくとよいでしょう。

NIのナレッジベースを見る。

ナレッジベース | サポート

かなりコアなことが書いてあって、 EQやエフェクターを多用する場合のヘッドルームの設定など、一通り目を通しておくと良いかと思います。

Ss 2014 12 16 18 37 17

一番驚いたのは、EQタイプの設定。EQに変化を加えていない状態でも、タイプによって音質が変わるそうです。

Externalで出している人は、必ず classicに設定しましょう。とのこと

あとはお好みに合わせて

他こういうところいじれば、というのはこのあたりかなぁ。

  • 再生中のトラックには楽曲をロードできないようにする
  • トラックの残り時間が少なくなってきたときのアラートを少し長めに

ほかにもキーロックするときの設定など、スペックやプレイスタイルに応じて、というところも多いので、一度設定画面をくまなくチェックすることをお勧めします。

-DJ関係