hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

Mac・iPhone

Outlook.comなら、1アカウント11メールアドレス持てる。

普段はGmailを使っているんだけど、試しにOutlook.comを使ってみたら、メールエイリアスが強力だった。1つのアカウントで11個も全く異なる好きなメールアドレスを持てたので、使ってみた感想も含めて書いてみる。

何かといるよねメールアドレス

サイトの会員登録時や、資料やソフトウェアのDL、何かとメールアドレスを求められるが、できれば入力したくないってことも大いにある。 大して興味のないメールマガジンがあふれることが目に見えてる場合とか。

プライベートでも同様に、やむを得ず、という場合も大いにあり得るしいくつあっても足りない、メールアドレス。

Outlook.comはすごい

ぼくは先日音楽イベントを開催したのだけど、その時に専用のメールアドレスを取った。Outlook.comにしたのは、Gmailでは個人アカウントで使っているので、もしGmailで取ったらアカウントの切り替えが面倒そうだったから、という理由。

そこで今回のタイトルにもなった、複数メールアドレスが使えると気づいた。

エイリアスとはなんぞや

純粋に11個メールアドレスを持てるというわけではなくて、エイリアスという機能である。本当の宛先は1つだけど、11個窓口を用意していますよ、という感じだろうか。

用語解説辞典 | NTTPCコミュニケーションズ

Gmailの場合は例えば、「aaa@gmail.com」なら「a.aa@gmail.com」、「aaa+spam@gmail.com」も同じアドレスとして認識させられる。いずれにせよアドレスが「aaa」だということは簡単に想定できるけど。

ユニークなアドレスは便利。イベントでの活用。

Outlookは全く違うアドレスでエイリアスを作れるので、その点がGmailより優れている。僕の場合イベントをやっていたので、「ticket.イベント名@outlook」とか、「press.イベント名@outlook」などでアドレスを取って、用途によって活用してた。 なんだか本格的に見えるし、安心感与えられる気がする。(中の人は一人なんだけど……)

Ss 2014 12 30 16 21 59

もちろんGmailのようなフィルタも使えるので、メールアドレスごとに受信ボックスを分けることも可能。ぼくの場合はticekt.〜に送られてきたチケットとりおき確認メールは、全て専用のフォルダに入れて捌いてた。

もちろん、アドレスさえ空いていれば「tarouyamada@」「hanakosatou@」みたいに全く異なるアドレスでも大丈夫

注意点・気にあるところ

Outlookでは差出人として表示される姓名の設定が必須かつ、一つしか登録できないため、完全に使い分ける事はできない。あくまでエイリアスと割り切ること。(ぼくの場合、「イベント名 運営」で登録してやってた)

あとメール編集画面が駄目すぎて、まともに編集できない。おそらくテキストとHTMLの認識に何らかの問題がありそう。テキストエディタで書いて貼り付ける方法になる。(具体的な事例としては、改行を削除すると文字のサイズが変わる・URLをはるとHTMLタグとして認識されるなど。)

Ss 2014 12 30 16 25 19

とはいえ魅力的

エディタ部分は難ありだけど、普段Gmailつかっていて、サブのアドレスが欲しい人にはうってつけかと思う。

エイリアスを使ってアカウントにメール アドレスを追加する - Outlook.com のヘルプ

-Mac・iPhone