hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

音楽

北欧の真っ白なクラブジャズ。 / Hird「Moving On」

2014/01/02

Hird_Moving_On

Hird。スウェーデンのアーティスト、クリストファーベルグのソロプロジェクト。ヴォーカルはユキミ・ナガノ。ジャンルはクラブジャズで、ライナーノーツはKYOTO JAZZ MASSIVEが書いていたかな。

今回紹介するのは2004年のアルバム。発売してすぐ店頭に走って買いに行った。これまでずっと聴いてきたし、思い入れも強くて、これまで聴いてきたアルバムでランキングつけろ、っていわれたら間違いなくTOP3入りする。 

北欧の音楽っていうだけで群を抜いておしゃれな感じがするけど、この真っ白で繊細な音と、実はアツいフレーズの組み合わせ。絶妙な空気感。

このアルバム以降、Hird名義でのリリースはないんだけど、今でも全然聴けるし、ぼくの中ではクラブジャズのスタンダードになってる。

普通のジャズだと込み上げるようなトランペットだったり、黒くて自由で熱くて、というイメージあるけど全然そんなことなくて、ヴォーカルもあるし、聴きやすいアルバム。

しっかりと作りこんであるから単調には感じません。音も安っぽくないし、いやむしろクールで真っ白なフェンダーローズの音がしみる。

最初に貼り付けた「I Love You My Hope」という曲が一番好き。結構音の数が多くて、暑苦しくなりそうなのに、真っ白な雰囲気。盛り上がるピアノフレーズも、安っぽさが全くない。

他の収録曲はもう少しアンニュイな様子。これから寒くなってくるし、そんな季節にピッタリ。

少し北欧続きでアルバムの紹介していくつもりである。

Moving On

1,350円
(2014.01.02時点)
posted with ポチレバ

-音楽