hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

音楽

BiS階段「BiS階段」

2014/01/02

奇跡のコラボ感ある

オルタナティブアイドルユニットBiSと、日本が世界に誇るノイズバンド、非常階段のコラボアルバム。このアルバムはこれまでのBiSの楽曲にノイズやら叫びやらがのっていて、メロディアスでノリやすいアイドルノイズソングになっています。(よくわからない。)

戸川純のカヴァー「好き好き大好き」は本人も絶賛・原曲肥え認定です。

LP版がオススメ

CD版は少しノイズが控えめ。先行発売されたLP版はノイズ40%増しの“自重しない”仕様。オススメはBiSの代表曲、「primal.」の2番目サビ突入時、100%開放、放たれるノイズ音の洪水。

どの曲もBiSの元々の楽曲が基盤になっているので、リズムがわかりやすい。最後のBiS-Kaidanだけは、リズムがなくただただノイズが響く、ノイズ基盤の楽曲となっています。

もうすきにしてください

これまでBiSにハマっていることを尋ねられて、Perfume初め「楽曲派アイドル」、TMGEやHi-STANDARDの「90年台ロック・パンク」の説明、単純に好きなんですよ!などと説明するものの

「ようするにアイドルでしょ」といわれて「いや…あのね…」となってました。(その溝が埋まらないことも大変理解はできますが…。)

このアルバム聴いてあーもうそりゃ無理だわな、ともうどうでもよくなった。

BiS、プロデューサー松隈ケンタによるエモいサウンド、ヒダカトオル、KEMURI、難波章浩といったロックアーティストによる楽曲提供。こんなに贅沢なアイドルソングって無いと思う。アイドル云々あるけど、とにかく曲が良い。

アイドル・前衛、ってなんだろうね?

ちょっとアイドルの話とかしたいけど、それはまた別の記事でやります。やはり賛否両論があって、アイドルってなんだろう、ノイズの良さや「前衛」の価値観手なんだろうね? と考えてしまっている。

-音楽