hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

音楽

Chicane『Behind In The Sun』

2014/01/02

behindinthesun.png

個人的に思い入れがある

音楽はそれなりに聴いている方。そのきっかけは色々あるけど、中でも印象に残っているのが、どこかの個人ウェブページで紹介されていた4枚のアルバム。

当時いろんな音楽を聴きたくてもなんの手がかりも無かった。とにかくそのタイトルをメモって、京都のHMVに輸入版を買いに行った記憶がある。

Behind In The Sun

そのうちの1枚がコレ。ChicaneはジャンルでいうとTrance/Progressive Houseに分類される。このアルバムの後半にはそんなTheダンスミュージックな楽曲も収録されているんだけど、前半に収録されている穏やかでオーガニックな楽曲がオススメです。

ダンスミュージックってどこかでオーガニックさを求めている。穏やかな音楽というと、エレクトロニカを聴いている人も多い。「自然との融合」はサンプリングした鳥の声使ったり、よく見られるアプローチ。

聴く人のシチュエーションに応じたアルバムもリリースされていて、聞く人の日常生活に沿うように、簡単に言うと作業用BGMを前提としていたり。でもビートが無い曲も多いから、それではノレないし、体が揺さぶられない。

ビートがあると自分が開放される感覚が得られる。その違いは大きいと思う。

 

Progressive Houseだけど

 

Trance/Progressive Houseってクラブミュージックの中でもあまり宜しくないイメージな気がする。開放しすぎてバキバキしてちょっとあれになっちゃった人もいるし。

そんな人がいるせいもあってか「どうせサングラスかけてシルバーのレコードボックス担いで女キャーキャー言わせてDJするんだろ」といったような「日本人は出っ歯でカメラ構えている」みたいな謎のステレオタイプ感があったり。

単刀直入に「クソみたいなジャンル」と言われたりしてて。結局今のEDM叩きって叩き方が変わっただけだよな、と思っています。……あ、ここらへん昔読んだ某有名DJ達のインタビューからです。

…脱線してしまった。オススメは、1,2曲目の「Overture」「Low Sun」。リフレインするフレーズに重なるピアノが浮遊感があって気持ち良い。3曲目の「No Ordinary Morning」でキックが入ってくる。ちょっとMVが謎の展開(ダンスミュージックにありがち)ですが、1曲目2曲目の展開もあってか、爽やかなキックと女性ボーカルが開放的でキモチのよい楽曲です。

Behind the Sun

-1円
(2014.01.02時点)
posted with ポチレバ

-音楽