hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

音楽

ハッピーハードコア・ハピコアの名曲を紹介する

2015/05/18

ハッピーハードコア(HAPPYHARDCORE)という音楽のジャンルがある。ぼくがDJをはじめるきっかけになった音楽のジャンル。

BPMが非常に早く、ピアノの音や女性ヴォーカルなど、幸福感があるのが特徴です。

敢えて多幸感という言葉を使わなかったんだけど、これは昨今のアイドル現場でも使われていて、共通するところは多い。

ハピコアの方がもうちょっとクラブミュージック的要素に頼っているところはありますけど。

日本では音ゲーや同人音楽として、「ナードコア」「J-CORE」という形でまさしくガラパゴス的に消費・発展したのも大きなポイント。

前ほど聴かなくなったけど、時々無性に聴きたくなるので、いくつか紹介します。

『djTAKA remixed by Ryu☆ / Abyss (The Heavens Remix)』

敢えて、この曲から始める。音ゲーのBeatmaniaIIDX 9th style収録。ぼくが好きかどうかと言われると別に好きじゃない…けど、キャッチーなこの楽曲は、日本のハッピーハードコアの認識を変えたと思う。

音ゲーの曲って、叩いて楽しいようにできていることもあってか、すごくキャッチー。ハピコアなんて知らなくてもおかしくないジャンルだと、ゲーム音楽がその人にとっての初めて触れたものになったり。当時は「ゲーム音楽でハピコア語るな」という人も多かった。ぼくもどちらかというとそう。

知り合いに某音楽ゲームの元スタッフがいるけど、「ハピコアってゲーム音楽から作られたジャンルだと思っていた」と言われたのは結構衝撃だった。

他のやつに触れていこう。

『Misono / Konomama (Uraken Remix!)』

日本語繋がりで。Masterwaxというレーベルから出ていた。Misonoは倖田來未の妹の、あの人。Urakenさんの泣きのメロディ。素晴らしい。

『Scott Brown / Rock You Softly』

…Scott Brownというと、『Elysium』という名曲があるけど、他にもこんなハピコアを作っていたり、超激しいGabberを作っていたり、バリエーションが豊富。04年の来日時はElysium Plusからこの曲につないでいて。

『Buzzmasta / Sweetest』

…ハウスミュージックの5月のアンセム、Sweetest Day of Mayネタ。Raven Beats Japan、というこれもまた日本のレーベルからのリリース。たぶん33回転のものを45回転にして、キックを乗せた…という作り方かなと思っている。。Buzzmasta氏のご冥福を。

『hey jude』

Ravers Choiceというレーベルから、まぁ曲名通りの内容でございます。ハピコアの魅力の1つはなんでも節操無くサンプリングしちゃうところ。クラブミュージックなんてそんなもんでしょ、と思ったあなた。さすがにHEY JUDEはやらんよ

『Blümchen / Herz an Herz』

だいぶ時間さかのぼっちゃう感あるけど、チープ感が最高。

『Stealth / See Me Climb (Brisks Electro Flava Mix)』

ブレイクでの展開が大好き。

他一杯あるけど

いろいろ見てみると、Youtubeには当然のように無くてもiTunesでリリースされていたり、アップデートヴァージョンがリリースされていたり。定期的に見ないとなぁと思った。

余談だけど

実はこんな素晴らしい楽曲がIIDXにはあったり。

-音楽