hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

いろいろなレビュー

安い。使いやすい。iPhone専用に。「ANKER キーボード」がオススメ。

2014/02/01

コスパ最強。

この間iPhoneでの文章作成について書きましたけれども、今回は専用のキーボードについて書いてみようと思います。ここ最近ずっとキーボードを物色してて、お店でいろんなキーボードとにらめっこしたり。

色々見たけど、iPhoneの保護フィルムと同様、またANKER製のコストパフォーマンスが高くて、これを愛用することにしました。

キーボードに求めたこと、3つ。

iPhoneに特化

iPhoneでしか使わないので、iPhone専用のキーボード探しました。ようするにMac用のキーボード。Bluetoothのキーボード、Windows配列のものが多いけど、iPhoneでは必要無い。そのかわりコマンドキーがついているキーボード探しました。

打ちやすい

文章を書くので、打ちやすさは重要です。打鍵感は贅沢言ってられないから、タイピングのためにフルキーボードにすることにしました。

値段が安い

それじゃMac純正のキーボード買えばいいじゃないかという話でもあるんですけれども、値段が高い。普段持ち運ぶことを考えると、ちょっとオーバースペックかなぁと。デスクトップにはいいと思うけど。

それで結局

IMG 1732

前回も保護シートを取り上げたANKERのキーボードです。一言で言うと「安いMacの純正キーボード」。質感は少し異なりますけど。キーの配置はMacとそっくり。ちゃんとコマンドキーもあります。

大きくて使いやすい

IMG 2964

Macのキーボードと並べてみても、大きさはほぼ一緒です。

IMG 2965

前使っていた奴、なんだか打ちにくいな?と思っていたんだけど、キーボード全体が小さめの狭いレイアウトだった。コレに変えてからタイピング時のストレスが無い。

黒色で見難くてごめんなさい。。。

気になる点。

やっぱりちょっと安っぽいです。キーボードの裏側はプラスチック丸出しでおもちゃみたい。打鍵感も値段相応。マックのキーボードのような、タイプすると少し戻ってくるような感じがなくて、本当にボタンをペチペチ押ししているような感じがあります。

英語配列だけど?

問題無いです。英語キーボードの一番大きな問題は英数とカナの切り替えです。本来なら日本語キーボードの方が、キーが独立していて、切り替えしやすいんだけど。

ぼくが普段文章制作に使うATOKPADでは、オプションキーとスペースキーで切り替えを行います。だから日本語・英語どちらでも変わりありません。日本語キーボードだと選択肢はかなり限られてきますし。

意外と重要!iPhone専用キー

F1からF12まではMac・iPhone専用キーがついてます。ここでは画面の明るさや音楽の再生や停止、他にもホームボタンや、ロックをかけられる。

キーボード上での操作、これが意外と重宝する。……ぼくは電車の中で文章を打っていることが多いんだけど、じっ、と覗き込まれても、キーボードだけで画面を暗くすることが出来たり。笑

結局何がいいの?

一言で言うとコストパフォーマンスに優れてるという点です。書きたいと思ったらすぐ取り出せる環境重要だと思います。

となるとキーボードを雑に扱うことになっちゃうと思いますが、この値段なら壊れてもそんなに痛くないでしょう。マックの純正キーボードだったら、ちょっと気を使っちゃうから。

文字を打つキーボードを探している人は是非参考にしてください。

IMG 1731

化粧箱。この必要最低限な感じがすごく好きです。

-いろいろなレビュー