hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

いろいろなレビュー

高音質お手頃な「Icon uDAC3」がオススメです。

2015/04/30

IMG 3331

USBオーディオインターフェイス、USBDACを買いました。この小さいやつ。
これまでMacminiから直接スピーカーにつないでいたけど、音質の違いは一瞬で分かったし、たくさんオススメポイントあるので紹介します。

そもそも何コレ?

外付けのオーディオインターフェイスです。パソコンにUSBで繋いで、そこからスピーカーに繋ぐ。そんなよくわかんないの使わなくても直接繋げるじゃん!意味あんの?って思われるかもしれないですが、

音質が全然違います。「音が鳴ればOK」レベルの標準機能と「音楽を高音質で扱う」ことを考えられているものでは、明らかに違う。

そんなに変わらないでしょ?

ぼくもそこまで変わらないだろうと思っていたから、買って驚きました。聴こえなかった音が聴こえるようになった。

「この値段出したのに…一緒じゃん…」じゃなくて、「え、これだけでこんなに変わるの!?」って思えるレベルで変わる。中古の15インチのモニターから、最新の24インチのモニターに変えた感じ?(わかりづらい)

オススメポイント

1万5千円とお手頃。高音質。店員さんオススメ。

高いと感じるか安いと感じるか人それぞれだけど、オーディオインターフェイスとしてはかなりお手頃な部類。ヨドバシの店員さんも「この価格帯ではかなり評価高いですよ」と言ってた。

もちろんこれよりも安いものもあるけど、高音質を謳っていないか、スペック的にちょっと、という様子。1万円~がいよいよ音質意識という様子です。

小さくて使いやすい

コンパクトなのもポイント高い。配置場所に困ったり、電源コンセント挿して、使う時は電源いれて……あぁ面倒。これはパソコンとスピーカーに繋ぐだけでOK。ドライバのインストールも必要無し。

ボリューム調整・イヤフォンジャック有り

PCにスピーカーつないでいる人はこれで相当便利になります。小さいから手の届く範囲に置いて置ける。そうすれば手元でボリューム調整できるし、イヤフォンジャックがついてるから、簡単に挿せる。

もういちいちスピーカーに手を伸ばす必要も、スピーカーから手元までの長いイヤフォンも必要なし。スピーカーなんて繋いで無いよ!って人も、コレ通して聞くと音の迫力の違いを実感できます。

最初にも書いたんですけど、オーディオって要するに「今出せる金で何を買うか?」ということです。10万円出して、ケーブルを買う人も入れば、1000円のスピーカーを買う人もいます。

で、結局コスパの話になってくると思うけど、それなりのスピーカーやイヤフォンを持っている人は、こんなオーディオインターフェイスがオススメかと。

音質はもちろん、音楽を聴く環境全体が良くなるので、オススメです。

-いろいろなレビュー