hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

いろいろなレビュー

「Byword」が理想のテキストエディタすぎる。

2015/04/30

テキスト作成に集中出来る。

文章を書くときに使うエディタを「Byword」にしました。これまで色々と試行錯誤していたけど、ブログ記事を書き上げる、ちょっと長めの原稿の枠組みを作るなら、かなり良いです。

見た目が良いから良い!

なんといってもコレ。背景色と文字色の組み合わせが良く、黒背景に切り替えることも出来る。

Ss 2014 07 21 11 11 19

日本語での利用は想定されて無さそうだけど、ぼくは遊ゴシックを設定して、こんな感じ。

Ss 2014 07 21 11 15 06

文字数カウント、入力行にフォーカス

画面下には文字数カウントが常に表示されている。カウントしていても動作は重くないし、テキスト入力が遅れるようなことも一切なく、快適にタイピングできています。

Ss 2014 07 21 11 14 04

今入力している行をフォーカスする機能がある。これが予想以上に使える機能だった。

文章を書くとき、とりあえず考えていること、使えそうなことを次々と書いて、整理して繋ぎ合していくことが多い。

そんな時、これまで書いていたことを、少し頭の外に置いて、書き進めていける。

それと、後で長文を見なおした時にも役立つ。勢いで書いていると、集中して見ないと、何を書いていたのかさっぱりわからない、といったことも多い。

Ss 2014 07 21 11 12 24

Bywordで入力した後に

ひとまずこれで文章を作っているけど、ぼくの使い方だと必ず別のソフトや画面で仕上げている。

ブログ

WordPressで画像挿入、掲載イメージの確認など。

その他原稿など

iWork、Pagesで全体を見て編集。誰かに見せるときには、コメント機能やトラッキング機能を用いて編集。

大まかな文章を作るのに良い。

最初からWord使えばいいだろうと言われればまぁそうなのですが、意外と文字数カウントつけていると動作が重くなったり、機能豊富な上に落ちたり、コピペするときにスタイルがそのままだったり。

テキストだけのシンプルなエディタで最初は作成していくのが、便利です。

Byword

720円
(2015.04.30時点)
posted with ポチレバ

-いろいろなレビュー