hirotakayano.com

MacやDJ機材などのガジェット情報、音楽や批評などのカルチャー情報を扱っています。

いろいろなレビュー

長期間使って比較。アーロンチェアとエンボディチェアの違い。

2015/04/26

オフィスチェア、色んなメーカーからたくさんのものが出ています。中でも「アーロンチェア」というブランドは絶対的でクリエイターの中にも使っている人は多い。「オフィスチェアといえば!」と考えている人も多いんじゃないでしょうか。

販売元のハーマンミラーからは「アーロンチェアをも超える」というエンボディチェアというものも販売されていて、家具屋の店員さん曰く、「アーロンチェアとエンボディチェア、この2つで悩む人が多い」のだとか。

今回、この2台を長期間使用することが出来たので、比べてみたいと思います。……なんでそんな機会があるんだよ、という話ですが、エンボディチェアを修理に出したら代替機としてアーロンチェアを貸してもらえた、という経緯です…。

結論から言うと、ぼくはエンボディチェアの方が良いと思う。特に男性で長時間座っていると腰が痛い、なんて人は尚更です。片っ端から比較するときりがないので、ハイライトを。

価格差は3万

エンボディチェア

アーロンチェア

公式では3万円ほどの違いみたい。アーロンチェア、腰のサポート機能や、細かな機能の違いがあります。全ての機能を省けば10万を切るみたいだけど、今回お借りしたのはこのモデルだったので、こちらで比較。

エンボディチェアのほうが背中・腰にフィットする

元々エンボディチェアを購入したのも、腰が痛いから、という理由でした。お店で座って比べてみた時も、エンボディチェアのほうが良いなぁと思ったけど、家で長時間座ってみるとその差は歴然だった。

エンボディチェアは細かな調整ができて、背中。腰に合わせられるけど、アーロンチェアはそれと比べるとイマイチでした。アーロンチェアにはサイズが色々有るみたいで、お借りしたのがあってなかったのかもしれない(選べなかった)けど、僕自身が身長体重とも普通なのでメチャクチャ合っていない、というわけでもないと思います。

特にアーロンチェア、背もたれの一番上の上部が背中に当たって痛かった……。

アーロンチェアは前傾サポートが良い

お借りしたモデルには前傾姿勢をサポートする機能があった。この機能を使うと、椅子が前に5度程度傾いてくれる。何か文章を書いたり、前のめりになって作業するときにサポートしてくれる。

エンボディチェアは前傾姿勢じゃなくて、後傾姿勢向けのチェアなので、前傾姿勢を支えてくれるこの機能は羨ましかったです。どうしても前のめりになって作業するときってありますもんね。

エンボディチェアは他にも細かいところを調整出来る。

エンボディのほうがフィットすると書いたけど、エンボディチェアは、高さや背もたれはもちろん、座面と膝裏の隙間も調整できるし、アームレストの調整もアーロンチェアより優れています。

あんまり変わらないように見えるけど、長時間使用する場合、これでもかなり変わってきそう。

他細かいところ

アーロンチェア、94年の設計だからか、エンボディに慣れていると、クラシックな作りに見えてしまうほど…でした。エンボディのほうが良いよーというところではありますが、圧倒的に良かったことがあって。

ギシギシ鳴らない、んですよね…。今回エンボディを修理に出したのも、背もたれに持たれると「ギギギギギ……」ときしむ音が酷くなってきて。「なんでこんな高い椅子買ったのにギシギシ言うんだ…」となんとも言えない気持ちになっていました。

やっぱり試座

行き着くところはここですね…。座った時のフィット具合がエンボディの方が良いな、と思ったらエンボディにしたほうが良いかな。逆に腰が丈夫な人なら別にエンボディである必要はないかなと思いますし。

アーロンチェアも機能をしぼっていくと、安くなっていくので、その辺りのバランスで見極めたら良いのではと思います。

-いろいろなレビュー